月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

「10月」(神無月)

「神無月」

「神無月」の語源として以下のような説がありますが
いずれにしても「神無」は宛字としています。
醸成月(かみなんづき): 新穀で新酒を醸す月
神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月
神な月(かみなづき):「神の月」の意
雷無月(かみなしづき):雷のない月

aflo_vfla002838.jpg

一般には、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため
出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており
出雲では神在月(かみありづき)と呼ばれますが
ただしこれは中世以降、出雲大社の御師が全国に広めた説であり
「神無」の宛字から生まれた附会であるようです。
無というのは水無月と同じく「の」で「神の月」という事だそうです。
出雲では神在月と呼ばれているそうです。

「神在月」は、室町時代の辞書『下学集』にみられるので
かなり古くからこういう話が人々の間にはあったことがわかりますが
『徒然草』の第二〇二段に「十月を神無月と言ひて、
神事にはばかるべきよしは、記したるものなし。
もと文も見えず。但し、当月、諸社の祭なき故に、この名あるか。
この月、万の神達、太神宮(だいじんぐう・伊勢の皇大神宮)へ
集まり給うふなどいふ説あれども、その本説なし。
さる事ならば、伊勢にはことに祭月とすべきに、その例もなし。
十月、諸社の行幸、その例も多し。但し、多くは不吉の例なり。」
(十月を神無月と言って神事を控えるというのは、根拠も出典もない。
十月にお祭りがないから、神無月というのだろうか。
十月は神様たちが伊勢神宮に集まるという説もあるけれど、それも根拠がない。
そうであるなら10月に伊勢神宮で祭祀が行われてもよいはずなのに、そうでもない。
しかし、十月にはミカドが伊勢に行幸されることも多いが
だいたいは不幸がらみである。)

吉田兼好は、この時代、神無月には伊勢神宮に神々が集まるという
話があったことを伝えていますが、出雲には触れていません。
出雲大社の大国主大神は、古くから「だいこくさま」の俗称で慕われていましたが
特に中世の末頃より交通手段の発達や生活の向上につれ、民衆の間に
「出雲大社参拝」が急速に広まっていきました。
この頃に出雲大社からも社家の人々が御師(オシ)として
「大国主大神」の神徳を説き御神札を授付しながら諸国を巡って
全国に「神在月」を広めたのだという説があります。

また、十月は縁起の良い月と考えられ
「吉月」「良月」「陽月」「大月」とも名づけられました。
旧暦の「神無月」は、冬の初月とされていますが、暖かい日も多いことから
「小春」(しょうしゅん)、「小陽春」、「極陽」など穏やかな名もつけられました。

aflo_jaza004018_20161001125302d2e.jpg

10月は雷の鳴らなくなる月から「雷無月(かみなづき)」と言うのは
江戸時代の国学者荷田春満(かだのあずままろ)の説です。
雷の発生を名古屋気象台調べますと、7~9月がピークで
10月より極端に少なくなり1月が最少となっています。
この統計から見ると「雷無月」もうなずけます。
しかし北陸、金沢気象台では夏より冬場の方が多く雷が発生しています。

「神無月」と「神在月」について
■神さまが無い月と書いて「神無月(かんなづき)」
■神さまが在る月と書いて「神在月(かみありつき)」

全く正反対の意味ですが、これは全国の八百万(やおよろず)の神様が
一部の *留守神様* を残して出雲大社(島根県出雲市)へ
会議に出掛けてしまうことに由来します。
「10月は神在月」という人は出雲地方出身の方かもしれません。

●別称
神在月(かみありづき)【出雲地方】/雷無月(かみなかりづき)
時雨月(しぐれづき)/鎮祭月(ちんさいげつ)/小春(こはる)
吉月(きちげつ)/初霜月(はつしもづき)/神有月(かみありづき)

季節 : 晩秋(ばんしゅう) ※寒露から立冬の前日まで。

aflo_atib000211_20161001125302cee.jpg

二十四節気よりも5日おきに細かく
日本の気候にあてはまるように分けているのが七十二候です。

鴻雁来(こうがんきたる):雁(ガン)が飛来し始める[10月8日~12日頃]
菊花開(きくのはなひらく):菊の花が咲く[10月13日~17日頃]
蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり):キリギリスが戸の辺りで鳴く[10月18日~22日頃]

■一雨一度
冬から春への気候変化を「三寒四温」と言いますが
秋から冬にかけては「一雨一度」と言い、ひと雨降るごとに
1度ずつ気温が下がって、秋が深まることを表します。
低気圧が通過する時に雨が降り、その後気温が下がるためで
ひと雨降るごとに寒さが増し、野山に紅葉が始まります。

aflo_zkua002980.jpg

●寒露(かんろ)
二十四節気の一つで、十月の八日頃にあたります。
朝露を踏むと冷ややかさを感じ
次第に秋が深まっていくのを感じる季節として名付けられました。
この頃から山々の樹々の葉も寒露にあたり、紅葉し始めると言われてきました。

二十四節気の一つ「寒露」とは、秋が深まり紅葉も色が濃くなり
朝露が冷たい頃を言います。
丁度、北国のナナカマドが真っ赤な実をつける頃です。
朝晩の露の冷たさに身が引き締まります。
雁などの渡り鳥が北から渡ってくるのもこの時期です。
その年に初めて到来する雁のことを「初雁(はつかり)」と言います。

寒露の時期(10/8~10/22頃まで)に手紙を出す時は
時候の挨拶を寒露の候で始めることができます。
寒露の候とは、次の二十四節気「霜降」の前日まで使えます。
使用例は「寒露の候」「寒露の折から」「寒露の砌(みぎり)」など。

●霜降(そうこう)
二十四節気の一つで10月23日ごろ。この日から立冬までの期間。
太陽黄系が210度のときで、露が冷気によって霜となって降り始めるころ。
楓や蔦が紅葉し始めるころ。
この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼びます。

霜降とは、寒露の次の二十四節気です。読み方は「そうこう」。
寒露の次に霜降となるので、露が凍って霜になると覚えましょう。
霜は、冷たい空気によって大気中の水分が結晶化し、草木の表面や
地面が白くなる現象のことを言います。
地表の温度が0度以下になると霜が降りやすくなります。
山里に霜が降りるそんな時期が「霜降」です。
朝晩の冷え込みが一層厳しくなり、朝昼との寒暖の差ができ
紅葉が鮮やかになっていきます。
霜と言えば霜柱を思い浮かべる方もいるかと思いますが
霜降の「霜」とはまた別の意味になります。

霜降の時期に手紙を出したりするときは、以下の事項の挨拶が使えます。

霜降の候
霜降の砌(みぎり)
また似た表現として「初霜の候」も使えますが、どちらかと言うと11月ごろに使われます。
なぜ11月かと言うと、11月は別名「霜降月(しもふりつき)」という陰暦の別称です。
そのほか、「霜月」とも言います。
霜=11月を指す言葉が多いのが特徴です。

aflo_isya006654.jpg

●秋晴れ
夏の猛暑が過ぎ、すがすがしく晴れわたった空を「秋晴れ」と言います。
「天高く馬肥ゆる秋」と言う言葉もあるように
春の「五月晴れ」とは、また違った気持ちよさがあると言われています。
一方「女心と秋の空」とも言うように、変わりやすい天気とあって
観測上「秋晴れ」の日は、意外に少ないとも言われています。

●衣替え
日本では6月と10月に衣替えが行われることが多いです。
あくまでも習慣なので強制的に替えなければならないという訳ではありませんが
学校においては強制的に替えなければなりません。
10月1日の衣替えは夏服から冬服へとかわる日。
平安時代には天皇や公家社会で行われていた習慣で
江戸時代ごろから衣替えは6月1日と10月1日に行われるようになり
太陽暦採用後は、官公庁・企業・学校で旧暦の日付」をそのまま新暦に移行して
6月1日と10月1日に行われるようになりました。

江戸時代以前の衣替えは、四月一日から袷(あわせ)を着用し
五月五日から帷衣(かたびら)を、八月十五日から生絹(すずし)を
九月九日から綿入を、十月一日から練衣を、それぞれ着用すると定められていました。
その後、時代の流れとともに四月一日と十月一日の年二回が
衣替えとされるようになりました。

aflo_laze003003.jpg

夏に着ていた薄手の物を片付け、しまい込んでいた秋冬の厚手の物と入れ替えをします。
薄手の夏物は洗濯とクリーニングを済ませた後に用途別に分けてからしまうと、
来年の衣替えの際に取り出しやすいと思います。
その時に中身を書いたラベルを用意しておくと、さらに便利です。
また、洋服と一緒に香りの良い石鹸(せっけん)や使い切ったあとの
香水・コロンの空き瓶を入れるのも洋服をいい香りに保つために良いと思います。
 入れ替えで出した厚手の物ですが、前の衣替えから半年は
ぎゅうぎゅう詰めでタンスの中に眠っていたと思います。
各々を丁寧に取り出し、ハンガーに下げ、空気を通してください。
シワを伸ばしたり、アイロンがけをしておくと使うときに慌てなくて済みます。
衣替えの時は天気予報をしっかりと確認し、できるだけ好天続きの日を選んでください。

●肌寒(はださむ)
秋も深まり冷気が肌に寒く感じられることです。
この頃には日中は暖かいのに夜になると寒くなります。
また、この秋の半ばから末にかけての寒さを「漸寒(ややさむ)」といい
この「漸(やや)」は、次第にとか徐々にという意味になります。
また、何となく寒かったり、わけもなく寒いのが「そぞろ寒(そぞろさむ)」。
さらにどことなく寒いという風に、寒さを特定できない寒さを
「うそ寒(うそさむといい、「うそ」は「薄」から転じた接頭語で
「うすら寒い」という感じの言葉です。
どれも深まる秋の寒さを表しています。

2.jpg

●紅葉狩り
明け方の最低気温が8~9度以下になった頃、カエデやモミジ類の葉が紅葉し始め
標高の高い山の方から里の方へ色鮮やかに染まってきます。
紅葉を求めて、里から野山に分け入ることを「紅葉狩り(モミジガリ)」と言います。
「狩る」という言葉にはもともと、果物を取る
草木を眺めるという意味があるそうです。

紅葉狩りとは、桜が「お花見」や「桜狩り」と言うように
紅葉も「狩る」を使って紅葉狩りと呼ぶようになりました。
これは鳥や獣を追って捕獲する「狩り」という言葉が
「ブドウ狩り」などの果物を採ったり、草木花を観賞すことでも
使われるようになったからです。

紅葉は昼は温かくて、夜から朝にかけて
急激な冷え込みがあった寒暖の差が激しい時に綺麗に色づきます。
時期は10月~11月(10月~12月)と長い期間行われます。
特に冬が寒い地方が10月初旬から楽しめます。

紅葉する葉には種類があります。紅葉するのは主に落葉樹です。
楓や欅(けやき)、銀杏(いちょう)、桜などの葉が落ちる木に限定されています。
1年を通じて葉が落下しない、杉や松などは常緑樹と呼ばれ、紅葉することはありません。

●紅葉(もみじ)
秋も深まってくると、緑色であった草木が、露や、湿気を含んだ寒気にあたり
赤、黄、褐色などに変化します。このことを古語では「もみつ」「もみず」と言い
これが名詞化され「もみじ」になりました。
色よく染まった草木すべてを「紅葉」と言いますが、最も一般的になったのが
「楓」(かえで)の葉で、次第に「もみじ」として親しまれるようになりました。
京都の「嵐山」、大和の「龍田川」のほとり等に、この「楓」を植林し
美しい「紅葉」の名所が生まれました。また、見事な紅葉の群生する
深山幽谷の山々に、猟師が獲物を追って向かうことを「紅葉狩り」と言いました。
「紅葉狩り」は、どこまでも自然美を追っていきたいとする日本人の心情に合い
能や歌舞伎、長唄などでも演じられるようになりました。

aflo_joka000015_20161001125819cb2.jpg

◆10月の暮らし
運動会/紅葉狩り/ 秋祭り
栗ご飯/読書/いわし雲/スポーツ  
菊人形/新米/秋の七草/月待ち

◆10月の花  
秋桜(コスモス)/金木犀(キンモクセイ)/あざみ/けいとう
りんどう/マリーゴールド/白詰草(しろつめくさ)
 
◆旬の食材
かぼちゃ/しめじ/くわい/松茸/栗/柿  
鰆(さわら)/鰹(かつお)/秋刀魚(さんま)

3_201610011253032db.jpg

◆時候の挨拶
秋涼の候  清秋の候  秋雨の候  寒露の候  秋晴の候  
紅葉の候  錦秋の候 秋冷の候  菊薫る頃  秋たけなわの頃  
清秋のみぎり  日増しに秋も深まり  
稲も豊かに実り 秋色もようやく濃くなって参りました
秋の味覚が楽しみな季節になりました


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

関連記事
スポンサーサイト

タグ:10月 神無月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.