月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜月 11月 

l201209280800_2015110112304180c.jpg

秋が深まり冬に移りゆく季節。
寒さとともに深まる紅葉が目に染み、そして紅葉が散るともう冬です。
立冬を迎え、暦の上では冬となります。
11月ともなれば、さすがに朝夕は随分冷たいものです。
街路樹の紅葉も美しく、風もないのにはらはらと落葉し
かさこそ乾いた音を立てるのも晩秋の風情。

11月は全国的な秋晴れは比較的には多いのですが、別称「霜月」と言うように
北の方から寒冷前線が下がってきて、局地的には天候が悪化したり
月中には霜が降りたりすることがあります。
そして立冬を過ぎると冬が駆け足でやって来ます。
健康上も家事の上でも冬支度の準備を怠りなくして置きましょう。

aflo_sada001135_20151101122640b22.jpg

●霜月(しもつき)
霜が降りる季節であることからつけられた名。
旧暦では真冬であるために雪見月、雪待月の名もある。
また神無月の10月に出雲に出かけていた神様が帰ってくることから「神帰月」とも。
立冬を過ぎると白鳥が渡りはじめ、冬は駆け足でやってきます。
「霜月」は文字通り霜が降る月の意味です。
他に「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や
「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もあり
また「神楽月(かぐらづき)」「子月(ねづき)」の別名もあります。

●11月の他の別名
神楽月(かぐらづき) 子月(ねづき)
霜降月(しもふりづき)
雪待月(ゆきまちづき)
建子月(けんしげつ)
暢月(ちょうげつ) 達月(たつげつ)
復月(ふくげつ)
神帰月(かみきづき)
天正月(てんしょうづき)

時候の挨拶
菊薫る候  晩秋の候  深秋の候  向寒の候  紅葉の候  暮秋の候
初霜の候  霜降の候  初冬の候  小春日和の好季  向寒のみぎり
向寒のおりから  朝晩めっきり寒くなって参りました
穏やかな小春日和が続いております  落ち葉舞う季節となりました
日増しに寒さが加わって参りました

11月は晩秋から初冬へと季節が移り変わります。
小春日和と呼ばれると呼ばれる暖かな日も訪れますが
立冬(11月7日頃)の頃には北西の季節風である木枯らし1号も吹き始めます。
暖房が欲しくなるのは、朝の最低気温で5~6℃が目安でしょう。
そろそろ暖房器具やコート等の冬支度が必要になってくる時期です。

十一月は旧暦で言えば冬、霜が降りると言うので
「霜月」と言うのが最も一般的な呼称です。
また十月が神無月であったのに対し十一月は神々が出雲から帰って来て
それぞれの神社に収まるという意味で「神帰月」「神楽月」などとも言います。
他に「暢月」「子月」「霜降月」「雪待月」「雪見月」「天正月」などの異称があります。

現在では十一月は晩秋、芸術的な香りのする気候であります。
まず「文化の日」があり、文化財保護強調週間、教育文化週間など、
文化の付く行事が多く、十五日には「七五三」があり微笑ましい光景があります。
寒に入る前の最も良い季節と言われています。

aflo_zoca005560_2015110112263962c.jpg

●立冬(りっとう)
11月7日頃。冬の気配が立つ日。
暦の上ではこの日から立春の前日までが冬。
太陽が黄経225度に達する時。
季節風も吹き出し晴れた日の朝には都会でも霜が降り
北国の山々の初冠雪も報じられるようになります。

1月7日頃。冬の気配が立つ日。
二十四節気の一つ立冬に当たります。
この日から暦の上では立春前日(節分の日)まで冬になります。
この頃から冬の気配が現れてきて、北国や山々からは初雪の便りも届く時節です。
朝夕もめっきりと寒くなり冬の北風も吹き始めます。
同じ季語には「冬立つ」「冬に入る」「冬来る」があります。
太陽が黄経225度に達する時。
季節風も吹き出し晴れた日の朝には都会でも霜が降り
北国の山々の初冠雪も報じられるようになります。

「冬」の語源は、年が暮れていく季節だから「経(ふ)ゆ」とする説もありますが
「冷ゆ」が変化したものだとする説が一般的です。
二十四節気における冬とは「立冬」から「立春」の前日まで。
天文学的には「冬至」から「立春」の前日まで。
現在では十二月から二月。
旧暦では十月から十二月が冬ということです。

「立冬」を迎える頃、まずやってくるのが「木枯らし一号」
冬の使者といえるかもしれません。
「木枯らし」とは、晩秋から初冬にかけて吹く、北よりのやや強い風のこと。
語源は木を枯らしてしまう風という意味です。
この風が吹くたびに、木々は葉を落とし、次第に厳しい冬へと
導かれていくというわけです。

▪ 立冬の初候は、山茶始開(つばきはじめてひらく)
ここで山茶をつばきと読んでいますがサザンカのことを意味します。
サザンカは朝夕の冷たい空気に誘われるように咲き始め
冬のさなかにも咲き続けます。

▪ 立冬の次候は、地始凍(ちはじめてこおる)
大地も凍り始める時節です。
この頃には日も雲も庭も凍りついているように思える日があります。
凍るとは、水以外のものがこおることをさし、水がこおるのは、氷ると書きます。

▪ 立冬の末候は、金盞香(きんせんかさく)
金盞とは、黄金の杯のことで水仙の異名。花央の部分を杯に例えています。
香として、咲くことを意味しているのは水仙の香りをあらわしています。
また冬の寒さの中すっと茎を伸ばした凛とした姿が好ましいものです。

aflo_loma033113.jpg

●初霜(はつしも)
霜とは空気中の水蒸気が、氷点下に下がるときに
地面に凍りついて白い氷の結晶になったものです。
柱状の結晶が土を持ち上げた霜柱を踏み締めるとサクサクと音がします。
初霜の降る日は内陸部ほど早く、東京の平均は11月14日。
鹿児島は11月26日です。しんしんと冷えて
霜を置く音が聞こえそうな感じがするのが「霜の声」といい
その他に霜を「さわひめ」「青女(せいじょ)」と言う異称もあります。

●小雪(しょうせつ)
11月22日頃。寒さはまだ深まっていないが、冬の気配を感じる頃。
太陽が黄経240度に達する時。
この時期には多くの山々に冠雪が見られるようになります。
「小雪の朱を極めたる実南天」 富安風生
▪ 小雪の初候は、虹蔵不見(にじかくれてみえず)
空に陽気もなくなり、虹もあまり見かけなくなる時節となりました。
しかし、時折現れる冬の虹は目が覚めるように美しい。
「冬の虹うつすらとでもありありと」 市川七葉
▪ 小雪の次候は、朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)
朔風(さくふう)とは大陸に発生する高気圧がもたらす北からの冷たい風。
木の葉をうち払い、黄葉、紅葉した落ち葉の吹き溜まりをつくり
その冷たさはいよいよ冬の到来を告げています。

●初冬
二十四季節では、立冬~大雪(たいせつ⇒新暦の12月7日ごろ)の期間を言う。
三冬(初冬、仲冬、晩冬)の始まりの月です。

七十二候  時候  期間    季節の変化に伴う自然現象
立冬・初冬 初候 11/7~1   ・山茶花の花が咲き始める頃
初冬    次候 11/12~16  ・大地も凍り始める頃
初冬    末候 11/17~21  ・水仙の花が咲き始める頃
小雪・初冬 初候 11/22~26  ・虹もかからなくなる頃

●冬日和(ふゆびより)
11月の小春日和の後にやってくる冬の晴れた日をこう呼んでいます。
もともと日和(ひより)は、海の上での晴れた天気を指す言葉で
天候が悪い時には漁師などが港で日和待ちをしていました。

aflo_enxa008629_20141023160138742.jpg

●『新嘗祭(にいなめさい)』11月23日 勤労感謝の日
新嘗祭は、天皇が新穀や新酒を神々に供え、その年の収穫に感謝を捧げ
神と共に初めての新米を召し上がる宮中儀式です。
現在は勤労感謝の日に制定されています。
終戦までは新嘗祭は国家の祭祀を司る天皇が国民を代表して
農作物の恵みに感謝を捧げる重要な国家行事でした。
昔は神嘗祭が済み、新嘗祭が終わるまで一般では新米を食べませんでした。
新天皇の即位後初めて行われる新嘗祭を「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼び
皇位継承に伴う一世一度の重要な儀式とされています。
勤労感謝の日と新嘗祭(にいなめさい)

●『七五三』11月15日
『子供の成長に感謝し、将来の無事を祈る行事』
11月になると神社などでは晴れ着を着て千歳飴を下げて
お宮参りをする親子の姿がたくさん見られるようになります。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。
3歳(髪置の儀式)、5歳(袴着の儀式)、7歳(帯解の儀式)。
七、五、三の数で祝うのは奇数は縁起が良いという中国の考えからきたもので
この節目に成長を祝うことで厄を祓うという意味がありました。
千歳飴には長生きしますようにとの願いが込められています。
折り詰めにした赤飯と一緒に親しい人に配ります。
七五三 | 着物 衣装 お宮参り

●『酉の市(とりのいち)』
『11月の酉の日に鷲神社で行われる商売繁盛のお祭り』
浅草 鷲神社: 一の酉 11月7日(日)、二の酉 11月19日(金)
浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)では、開運、商売繁盛を祈願して
毎年数十万人の人手で賑わい、縁起物の福熊手が並びます。
かつては、収穫を祝い、感謝する農事でした。
浅草 鷲神社
浅草・酉の市(とりのいち)

[文化の日]
昭和23年(1948)施行の祝日法により、自由と平和を愛し
文化を進めるための国民の祝日として定められました。
これは、昭和21年(1946)11月3日に日本国憲法が公布されたことを記念したものです。
もともと11月3日は明治天皇の誕生日を祝う天長節(てんちょうせつ)でした。
昭和2年には明治天皇の遺徳をしのぶために明治節として祝日となりました。
文化の日には、秋の叙勲が授与されます。

000823_20121029131608_20131025110113573.jpg

[十日夜 (旧暦10月10日)]
主に東日本では稲刈りが終わった旧暦10月10日、田の神が山へ帰っていくのを送り
秋の収穫を祝う「十日夜(とおかんや)」の風習があります。
十日夜にはお月見をして、旧暦8月15日の「十五夜」、旧暦9月13日の「十三夜」とともに
三月見ともいわれ、3夜とも晴れるとよいことがあるという言い伝えもあるそうです。
月を観賞する習慣は中国から伝わりましたが、十五夜の頃の日本は秋の長雨の時期で
なかなか名月を見ることができません。
雨の多い日本独特の風習として十三夜、十日夜が生まれたともいわれます。

[勤労感謝の日] 11月23日
昭和二十三年(1948)の祝日法により
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」ための
国民の祝日に定められたものです。
戦前までは新嘗祭(にいなめさい)と呼ばれる祝祭日でした。
新嘗祭は、その年に収穫された新穀を天皇陛下が自ら食して
神々に感謝する重要な皇室儀式として飛鳥時代から続いているものです。
陛下自ら栽培された新穀もお供えになります。
新嘗祭は各地の神社でも行なわれ、この日を中心に農業祭も開催されます。

[冬紅葉]
立冬(新暦の11月8日頃)過ぎに見られる紅葉のこと。
紅葉のシーズンは山地よりも平野部の方が遅い。
関東南部の房総半島などでは、新暦12月が紅葉の見ごろとなる。
これも「冬紅葉」と言う。
また、枝先にわずかに残った紅葉は「残る紅葉」などと呼びます。
そして、これらも散ってしまえば、山々は寂寥たる冬の景色となります。

[山茶花]
木枯らしが吹き始める季節、山茶花が咲いている生垣は心温かくしてくれます。
童謡「焚き火」にも歌われているように
落葉の季節に紅色や、淡紅色、白色の花をさかせます。
山茶花はツバキ科の常緑小高木です。
暖地の山中に自生するが、庭木や生垣としてよく植えられ多くの園芸品種がありす。
初冬のころから、ツバキの花に似てそれよりも小振りの花をつけ始めます。
葉もツバキより小さく花の散り方も異なり、ツバキは花全体が落ちるのに対して
山茶花は花びらが一枚ずつ散っていきます。
ちなみに中国では山茶がツバキのことで、茶梅が山茶花のことです。

[晩菊]
晩秋から初冬にかけて、庭の片隅などでひっそりと開花する遅咲きの菊です。
霜の降りた秋菊の姿には凛とした美しさがあります。
花の盛りを過ぎた菊が、放置されたまま枯れかかっている様子を残菊という。
うら寂しいとはいえ、これにも風情があります。

05739.jpg

紅葉狩り
紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ
「万葉集」にも登場しています。
平安時代の頃には貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら
宴を開いていたようで、その様子は「源氏物語」にも描かれています。
その後、江戸時代には庶民も楽しむようになり
季節の行事として定着していきました。

紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのはどうしてでしょう。
「狩る」とは獣を捕まえるということですが
花や草木を探し求めるという意味もあるそうで
果物を採る場合にも使われます。
「いちご狩り」や「ぶどう狩り」って言いますね。
採集するわけでもなく、紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのは
狩猟を好まない貴族が自然を鑑賞するすることを狩りに例えたといわれていますが
定かではありません。春の桜は「花見」といい桜狩りとは言いませんよね。
やはり狩猟のシーズンの秋だから「狩り」という言葉を用いたのでしょうか。
また、元々は紅葉を集めて楽しんでいたのが
眺めることに変わっていったという説もあります。

・・・紅葉にまつわる言葉・・・

◆錦秋(きんしゅう)・・・紅葉が鮮やかな織物のような美しさを見せる秋のこと。
◆紅葉狩り(もみじがり)・・・山などに出かけ、紅葉の美しさを楽しむこと。
◆山装う(やまよそおう)・・・秋の山が紅葉によって美しく色づく様子。
◆初紅葉(はつもみじ)・・・初めて目にする色づいた紅葉。
◆照葉(てりは)・・・秋の陽ざしを受けて、照り輝く紅葉のこと。
または照葉樹の葉が紅葉する様子。

lgf01a201310161300.jpg

●『露隠葉月』(つゆごもりのはづき)
露は秋に一番よく見られ、秋という季節を象徴する風物でもありました。   
旧暦11月は、初冬にあたります。   
このころになると葉にかかる露も姿を消してしまいます。  
凍って霜になるからです。

ちなみに「露見草(つゆみぐさ)」は薄(すすき)
「露取草(つゆとりぐさ)」は里芋(さといも)
「露湛草(つゆたえぐさ)」や「露玉草(つゆたまぐさ)」は蓮(はす)の異称。  
どれも、葉に置いた露が美しく映える草花です。


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss


関連記事
スポンサーサイト

タグ:霜月 11月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。