月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の暦と歳時記

立春、春立つとはいえ相変わらずの寒さで、春を実感するのはまだ先のようです。
まもなく本格的な寒さがやってくることを励みにしつつ
名残の寒さを乗り切っていきましょう。
2月も中旬を越えれば、各地の梅の名所の開花時期も目処がついてくる頃です。
少し春らしい楽しい計画を経てながら過ごすのも
四季の情緒を感じることができて良いかもしれません。

2月は、節分・立春と暦の上では春ですが、「春は名のみの風の寒さや」の
早春賦の歌詞のとおりまだまだ寒さの真っ只中です。
でも、陽射しの中には、春の明るさが感じられて嬉しいものです。
如月とは、萌揺月(きさゆらぎづき)、草木が萌え出づる月という意味です。

aflo_xvva007690_20170130125553f50.jpg

小草生月 ( おくさおいつき )
昔の暦での2月の言い方です。春を待ち、植物の芽が
生えはじめる月であることからこう呼ばれます。
雪の下には、春に花をつける草花が芽を出すときをうかがっている時期なのです。

如月 ( きさらぎ )
学生の頃、古典の授業でお馴染みだった、2月の古語です。
“ 如 ”は “ 衣更 ”の意味で、重ね着をする季節であることからこう呼ばれたようです。

初花月 ( はつはなづき )
2月といえばまだまだ寒く、花のイメージがないかもしれませんが、後半は梅の開花時期。
『万葉集』の世界では、花といえば桜よりも梅。初めて開く梅の花を指してこう呼びます

建卯月 ( けんぼうげつ )
古代中国の陰暦の呼び方。北斗七星の先が真北を指す11月を子 ( 十二支の一番はじめ ) とし
そこから数えて2月が “ 卯の月 ”にあたることからこう呼ばれます。
現代では十二支は年のみを表すイメージがありますが
昔は “ 月・日・時間 ” も十二支で数えていました。

雪消月 ( ゆきげつき )
地方によってはまだまだ雪深いですが、植物が芽生える準備をはじめ
雪も溶け始める時期にあたることからこう呼ばれます。
一層寒い日もありますが、その先にはすぐに暖かい春が待っています。
深い雪の下には、小さな命が萌える準備をはじめています。
昔の人はそのような感性で、2月の厳寒を乗り越えていたのかもしれません。

aflo_rqib003891_20170130125432344.jpg

時候の挨拶
余寒の候  残冬の候  残寒の候  晩冬の候  残雪の候  解氷の候
春寒の候  向春の候  立春の候  春寒のみぎり  余寒厳しき折から
余寒なお去りやまず  春まだ浅く  立春とは申しながら  春寒のみぎり
春浅く風も冷たく  余寒なお骨身にしみる毎日が続いております
【結び】
まだまだ厳しい寒さが続きますが、くれぐれもご自愛ください

【立春】 りっしゅん:2月4日頃

二十四節気の最初の節気で、この日から暦の上では春となり
さまざまな決まりごとや節目の基準になっています。
旧暦では立春近くに正月がめぐってきたので、立春は春の始まりであり
1年の始まりでもありました。まだまだ寒さは厳しいですが
立春を過ぎてから初めて吹く強い南風を「春一番」といいます。

二十四節気の最初の節気で、旧暦では新しい年の始まりを意味していました。
暦の上では春の始まりですが、冬の寒さは2月がピーク。
「春は名のみ」といいたくなりますが、春が産声をあげたととらえ
希望の春を迎えましょう。

aflo_wkea002380_201701301257326b5.jpg

二十四節気の最初の節気ということで、立春を基準にさまざまな節目が決められています。
また、旧暦では立春のころに元日がめぐってきて、立春と正月はほぼ重なっていました。
必ずしも立春=元日にならないのは、二十四節気は太陽の動き
元日は月の動きで決められていたからです。
いずれにしても、立春が新しい年の始まりであり「新春」「迎春」などの言葉に
その名残がみられます。


冬至と春分の中間にあたるのが立春。暦の上の春は、立春から立夏の前日までをさします。
節分
立春の前日。豆をまくなど、邪気を祓う風習があります。
八十八夜
立春から数えて88日め。この日に摘んだお茶はよいお茶になるといわれています。
二百十日
立春から数えて210日め。台風が来ることが多いとされています。
収穫間近のころにやってくる台風は、稲作の大敵です。
二百二十日
立春から数えて220日め。二百十日とともに農家の厄日とされています。
現代ではこの日の方が台風と重なることが多いです。
立春正月
立春を華やかに祝う国としては中国が有名。
横浜の中華街では毎年「春節(しゅんせつ)」のイベントを開催し
獅子舞や爆竹で祝います。
立春大吉
立春の早朝、禅寺の門に貼り出される文字。
「立春大吉」の文字は左右対称で縁起がよく、厄除けになるといわれています。

二十四節気「立春(りっしゅん)」

東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日頃
春の風が川や湖の氷を解かし始める頃。「東風」(こち)とは春風を表す代名詞。

黄鴬睍睆(うぐいすなく)2月9日頃
山里で鴬が鳴き始める頃。
春の訪れを告げる鴬は「春告鳥」(はるつげどり)とも呼ばれます。

魚上氷(うおこおりをいずる)2月14日頃
水がぬるみ、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃。春先の氷を「薄氷」と呼びます。

aflo_xkra001320_20170130125904ec1.jpg

【雨水】 うすい:2月19日頃
雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味です。
実際にはまだ雪深いところも多く、これから雪が降り出す地域もありますが
ちろちろと流れ出す雪溶け水に、春の足音を感じます。

二十四節気「雨水(うすい)」

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)2月18日頃
雪がしっとりとした春の雨にかわり、大地が潤い始める頃。「脉」は脈の俗字です。

霞始靆(かすみはじめてたなびく)2月23日頃
春霞がたなびき始める頃。春の霞んだ月を「朧月」(おぼろづき)と呼びます。

草木萌動(そうもくめばえいずる)2月28日頃
草木が芽吹き始める頃。草の芽が萌え出すことを「草萌え」(くさもえ)と言います。

8a80ebb59626eeea38f37e935dd306a9_20170130125429f43.jpg

◆ 初午(はつうま)
初午(はつうま)は、2月の最初の午の日。
稲荷社の縁日で、雑節の一つとすることがある。
全国で稲荷社の初午本社である京都の伏見稲荷神社の神が降りた日が
和銅4年のこの日であったとされ、全国で稲荷社を祀る。
この日を蚕や牛・馬の祭日とする風習もある。
江戸時代には、この日に子供が寺子屋へ入門した。
本来は旧暦二月の最初の午の日であるが、現在では
新暦2月の最初の午の日とされている。
そのため、元々は春先の行事だったのが、冬の一番寒い時期の行事となってしまった。
また今では二月最初の午の日とされるが
古来は、立春以降の最初の午の日に行われていた。
2月の2回目の午の日を二の午(にのうま)、3回目を三の午(さんのうま)と言い
これらの日にも祭礼を行う地方や、二の午もしくは三の午にのみ祭礼を行う地方もある。
本来は豊作祈願が主でしたが、最近では開運・福徳・商売繁盛をもたらす神として
広く人々にあがめられています。

◆ 旧正月(きゅうしょうがつ)
旧正月とは旧暦の正月のことで、その年によって日にちは異なります。
二十四節気の雨水(新暦2月19日ごろ)の直前の
朔日(さくび)【新月】が旧暦の元日となり
新暦では年によって1月22日から2月19日までの間を移動することになります。
朔日を元日として始まる新年を大正月といい、15日の望の日(満月)を小正月といいます。
旧正月は中国では春節と呼ばれ、現在でも新年を祝う行事が
新暦の正月よりも盛大に行われます。旧正月を新年として祝う習慣は
韓国や台湾、ベトナム、モンゴルでも見られます。
日本では、1873年(明治6年)1月1日から
新暦(太陽暦/グレゴリオ暦)に改暦された際に
新暦の1月を新年として祝うようになりましたが、沖縄、奄美地方の一部では
旧正月を新年として祝う風習が残っているところもあります。
また、横浜の中華街、神戸の南京町、長崎新地中華街などでは
旧正月に春節の行事が行われ、獅子舞や爆竹はこの時季の風物詩となっています。

◆ 福豆(ふくまめ)
節分の豆まきでまく炒り豆のこと。炒った豆を歳神に供えたあと
年男(家では家長)が、「鬼は外、福は内」と唱えながらまき
まかれた豆を年の数(もしくはプラス一個)だけ拾って食べ
一年の無病息災を願う。もともと穀物や果物には「邪気を祓う霊力」があると
考えらていることから、大豆を炒って福豆として用いられていた。
最近では、豆まき後の掃除が簡単だからと、落花生や
袋入りの豆が福豆の変わりに用いられる。

aflo_bdga001319_20170130125949562.jpg

◆ 恵方巻き(えほうまき)
恵方巻、恵方巻き(えほうまき)は、節分に食べると縁起が良いとされる
太巻き、またはそれを食べる大阪を中心とした風習。
別称として「丸かぶり寿司」「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」などと
表現されることもある。商業催事として、これを利用した関係業界の
販売促進活動・関連商品・商戦が20世紀後半から活性化している。

「恵方」というのは、歳徳神のおられる方位ですが
この方位はどのように決まっているのでしょう?
実は「恵方」は、その年の「十干(じっかん)」によって決まっているのです。

●十干(じっかん)とは
「十干」は、
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
の10種類です。

十干は、陰陽五行説で言う「木・火・土・金・水」の五行と
「陰・陽」の「兄(え)・弟(と)」を対応させたもので

「木」→ 甲:きのえ 乙:きのと 
「火」→ 丙:ひのえ 丁:ひのと  
「土」→ 戊:つちのえ 己:つちのと 
「金」→ 庚:かのえ 辛:かのと 
「水」→ 壬:みずのえ 癸:みずのと
となります。

●十干と恵方
「恵方」は、その年の「十干」によって、次のように決まります。

甲・己の年   寅と卯の間 甲の方角  東北東やや東
乙・庚の年   申と酉の間 庚の方角  西南西やや西
丙・辛・戊・癸の年  巳と午の間 丙の方角  南南東やや南
丁・壬の年   亥と子の間 壬の方角  北北西やや北

2017年平成29年は、丁酉ひのととりなので、十干は「丁ひのと」です。
従って、2017年の「恵方」は、「北北西やや北」となります。

img_03_201701301301200c1.jpg

「恵方」がわかるサイトやアプリ。
senrioka-info.net
住所を入力すると、地図が表示され、方位がわかります。

ズバリ「恵方」がわかるサイト。
西暦と住所を入力すればその年の「恵方」がわかります。
ちょっと便利帳 

スマホアプリにも恵方がわかるアプリがあります。
恵方コンパス iPhoneアプリ

img05_201701301254339af.jpg

◆ 淡雪(あわゆき)
春先に降る、あまり積もらない雪を指す。ぼたん雪、綿雪ともいう。
寒中に比べて気温が高いため、水分の多い重たい雪ができ
結晶がいくつか結びついて降る。
太平洋側で春先によく雪が降るのは、安定していた冬型の気圧配置が崩れ
南岸を低気圧が通過するようになるため、庭先をうっすらと
白く染めるだけで解けてしまう雪は、春の到来を感じさせる。

◆ 虎落笛(もがりぶえ)
冬の夜、車や人の声など人為的な音が鎮まってくると、風が木立を 揺らしたり
サッシを鳴らしたりする音が自然、耳に響くようになる。
そして、時にはそんな音に雑じって甲高い音が耳に届きます。
轟々と鳴る 風のなか、ぴゅうぴゅうと、ぴぃぃと、時には長く短く
高く低く耳に つく音、それが虎落笛です。虎落は冬の季語。虎落とは竹を組んだ柵のこと。
また、もがるとは、駄々をこねる、逆らうなどの意味もあり
風に対して柵や垣根、木の枝などが抗っているように聞こえることから
この名で呼ばれるようになったとか。冬の厳しい寒さを感じさせる音色。

◆ 梅(うめ)
2月頃花を咲かせる。寒気の中で香り高く咲くことから、古くから歌の主題とされてきた。
菅原道真が大宰府に流され
「東風吹かばにほいおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」と
詠んだことがよく知られる。
中国には「文を好めば則ち梅開き、学を廃すれば則ち梅開かず」という故事があり
梅の木は「好文木(こうぶんぼく)」とも呼ばれる。

◆ 氷柱(つらら )
建物の軒先や岩場のどから棒状に伸びた氷のこと。
雪が解けかけ水滴になった時点で、再び寒気に晒され氷結するという過程を繰り返し
成長していく。氷柱ができるには、ただ寒いだけではなく
寒暖の繰り返しが必要。自然の中で見られる氷柱には
埼玉県奥秩父の三十槌(みそつち)の氷柱や、長野県白川氷柱群などがあり
観光の名所になっている。

aflo_sqwa034921_20170130130443b7e.jpg

2月の季語
2月は季語が少ないが俳句の上では春の季語が多い。

立春、寒明、初春、早春、春浅し、睦月、旧正月、二月礼者、
ニの替、絵踏、初午、針供養、奈良の山焼、 雪解、雪しろ、
雪崩、残雪、雪間、凍解、氷解、薄氷、沍返る(いてかえる)、
冴返る、春寒、余寒、 春の風邪、春時雨、猫の恋、白魚、
公魚(わかさぎ)、鰔(さより)、野焼く、焼野、山焼く、
末黒の芒(すすき) 麦踏、木の実植う、猫柳、片栗の花、雛菊、
春菊、菠薐草(ほうれんそう)、蕗の薹(ふきのとう)、水菜、
海苔、獺の祭、鳴雪忌(2月20日、内藤鳴雪翁の忌日)、梅、梅見、
盆梅、紅梅、黄梅、鶯(うぐいす)、下萌、いぬふぐり、菜種御供、
磯竈、若布(わかめ)、バレンタイン、義仲忌、実朝忌、比良八講

2月の暦 | 日本の年中行事
日本の伝統文化や年中行事を1年を通じて紹介。歳時記
http://nihon-nenchugyoji.com/category/02/

aflo_sbta001063_20170130125430be5.jpg

◆ 風の予防法・治療法

生姜湯
生姜1片を皮ごとすりおろし、お湯で溶いて、黒砂糖や蜂蜜で味付けして飲む。
生姜には体を温め、発汗を促す作用があり、風邪のひきはじめに効果的。
整腸作用もあり、食欲のない場合にもよい。

くず湯
くず粉スプーン一杯をカップ一杯のお湯で溶き、透明になるまでよくかき混ぜる。
砂糖や生姜で味付けをして飲む。消化がよいので空腹時に飲むとよい。
体を温める効果がある。

梅干し湯
梅干一個をカップに入れ、身をほぐして種を取り出し、熱湯を注ぐ。
生姜、黒砂糖、しょうゆなどで味付けして飲む。
風邪で弱った胃腸を回復させる働きがあり、空腹時に飲むとよい。
また、梅干をアルミホイルに包み、弱火でじっくりと加熱して「黒焼き」にし
それをお湯に溶いて飲むと、発熱やのどの痛み、下痢止めにも効果がある。

卵酒
日本酒一カップを火にかけてアルコールを飛ばし、一旦火を止め
しばらくしてから卵一個を溶き、よくかき混ぜる。
蜂蜜や黒糖で味を調えて飲むと、体が温まる。
卵の卵白には風邪薬にも含まれる塩化リゾチウムという成分がある。

きんかん湯
甘露煮などにして煮た金柑をお湯で溶いて飲む。
ビタミンも豊富で、体を温める作用がある。咳止めにも効果的。

焼きミカン
皮ごと黒くなるまで焼いて食べる。
みかんを焼くと皮に含まれるビタミンCも果肉に移り風邪予防にいい。

大根はちみつ
大根を刻み、それに蜂蜜をかけて一日ほど置くと汁が出てくる。
これをスプーンに一杯程度、一日に数回飲むとよい。
大根や蜂蜜には炎症を抑える働きがあり、咳止めや喉の痛みなどに効果がある。


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss


関連記事
スポンサーサイト

タグ:二月 如月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。